FC2ブログ

プラチナ、金、銀、鉄、銅、錫、金属大好きな工房からのお知らせ、日記、その他

ありがとうございました(^ ^)

世田谷区の『次大夫堀民家園手作り市』が昨日無事終了しました(^ ^)。
ちょっと寒い一日でしたが、例年に増してたくさんのお客さんに来て頂きました。
もっとたくさんの方に来てほしいと思いつつ、こういう隠れた「知る人ぞ知る」お祭りは、地元の人中心に「いいことしてる」満悦感もいいなぁと思ってしまいます。

R0039460.jpg

開門前から50人の行列が!
我が「鍛冶の会」のブースは表門の目の前。

R0039451.jpg

開門と同時に、包丁お目当ての方がバァ〜っと来て、早速物色。
1時間半の間に最初に出しておいた作品は8割は完売でした。

R0039443.jpg

R0039446.jpg

工夫を凝らした鉄雑貨類も好評でした。

初めて来た方には鉄の魅力を、昨年も買って頂いた方には使った感想を聞いたり、来年へリクエストもいろいろ頂き、楽しい一日でした(^ ^)。

また来年、お会いできることを楽しみに。
スポンサーサイト

手作り市!

明後日11月23日(祝)、世田谷区立の「次大夫堀公園民家園」で毎年恒例の『手作り市』が開催されます。

次大夫堀公園民家園
世田谷区とは思えない風情あるところです。

049.jpg

IMG_4359.jpg

日頃、この民家園で、趣味の鍛冶を行なっております。
そうです、鉄を真っ赤に焼いてトンカチでキンキン叩いて包丁とか作っている、あの鍛冶です(^ ^)。
民家園には、それ以外にも様々なもの作りの会があり、それぞれの会が、この1年に作り上げた作品を販売するのが手作り市です。
直前のお知らせですが、ご興味のある方は是非お越し下さい(^ ^)。

写真は一昨年の手作り市の様子です。

R0026189.jpg

R0026183.jpg

R0026178.jpg

天気が良くなりますように。。。

ひとつの原点

ずいぶん前になりますが、ドキュメンタリーでこんな話しを見ました。
幼稚園児に「光る泥だんご」を作ってもらい、教育的な立場からその様子を観察するというもの。
泥でお団子を作り、乾いた砂で丹念に擦り光らせます。
今はあまり遊ばないかもしれませんが、昔は子供の定番の1つでした。
特に男の子は夢中になった方も多いのでは?
でも、これ、ピッカピカに光らせるのは結構難しい。
泥の湿り具合で途中で崩れる、完成間近で力が入って割れる、なんてことも。
一番悔しいのは、家に持って帰ったら割れていた、なんて悲劇的な幕切れも。

さて園児たち、作り方を教えると、男児女児問わず、昔も今も子供は子供、皆夢中で作っていました。
もちろん途中で割れる、友達がうっかり踏む!、滑り台から落とす、、、、。
泣くは、怒るわ、悲しそうだわで大変です。
壊れた時は呆然ですが、それでもまた作り始める。

数日後、まだまだ光らないけれど頑張る子供たちへちょっとサプライズを。
ある先生が自分で作ったピッカピカの泥だんごを園児にプレゼントします。
キョトンとしつつ受け取る園児。
夢にまで見た「ピッカピカの泥だんご」です。

が、ここからが面白かったです(^ ^)。
しばらくはその光る泥だんごをそばに置いておいたのですが、しばらく後、なんと先生に返してしまいました。
そしてまた、自分が作ってきた「光らない泥だんご」を、暗くなるまで大事に磨いています。
彼にとって、「先生が作った光る泥だんご」より、「自分が手を掛けた光らない泥だんご」の価値が勝ったのでしょう。

これがもの作りの1つの原点なのかなと思いました。
3歳4歳の子供が自然に持ってる、自分の手で作ることへの愛着とか愛おしさの感情なのかもしれません。
と、いうことは、きっと誰でもが持っているものでしょう。

現代は、ほとんど欲しいと思う物は買えば手に入る時代。
物を大切に、とはいっても、買った物ってなかなか大事にできないかもしれません。
自分で稼いだお金で買えば、貰った物より大事にします。
それより大事にするのは、やっぱりたくさん自分の手を掛けたものかもしれません。
子育てなんて、その最たるもの。
お子さんが、物を粗末に扱いがちでしたら、なにか手作りしてみると良いですね。
もちろん、大人も(^ ^)。
忘れていた「なにか」を思い出すかもしれません。

ブログ、引っ越しました

ごあいさつがまだでした(^ ^)。
今までのブログはちょっと投稿しづらく、活用もあまりできなかったのでお引っ越しです。
今後はこちらで彫金に限らず、もの作りのいろいろをお話しできればと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

溶解!

彫金を始めたきっかけは、やっぱりこれ!

DSC00007_41.jpg

DSC00009_38.jpg

この溶けていく様を見た時、「あぁ、金属って面白い!」と思ってしまいました。

やってみなければわからない、ってことで、教室でもよく銀を溶かします。
初めて作る方が多いので、作る前に溶かしてみると、銀の特性がちょっとわかって納得して作業できるから。
溶けて水銀みたいな姿には、皆「おぉ〜!」って歓声が!
なんたって900度以上だから危険レベル。
火ってちょっとワクワクするところあるでしょ?
だから皆ちょっとテンション上がるんですね。

教室に来たら、是非溶かしてみて下さい!
プロフィール

店長

Author:店長
彫金工房ステアクラフトです。
手作りジュエリー、クラフトを制作。
手作り結婚指輪講習、手作りシルバーアクセサリー体験教室を開講しております。
鍛冶の修練もしております。

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター